2017年04月29日

大聖堂の写真を撮るには

中米ニカラグアには2つしか世界遺産がない。そのうちの1つがレオン大聖堂。古都レオンの中心部に建つこの教会は、中米にある歴史的なカトリック教会としては最大規模を誇る。この写真を撮影した時は晴天に恵まれ、午後になって正面に太陽光が当たり、学童たちの下校時間帯と重なった。2015年3月に撮影したもの。
主要な都市の中心に建つ大聖堂(カテドラル)はどこも、西陽が差し込むような造りをしている。なので大聖堂の写真を撮りたければ午後のほうが良い。ただ、中米諸国はすでに雨季に入っていて、私が取材に行く5月中旬から6月はあまり天気が期待できない。たいていその時期は、午前中は晴れていても午後になって雲に覆われ、日によっては雨が降ってくるというのが一般的だ。
来月からの取材で良い写真が撮れるかどうかは、その日の天気次第になってしまう。
DSC_0928.JPG
posted by sakaguchitoru at 11:59| Comment(0) | ニカラグア

2017年04月27日

パナマの高層ビル群

来月は中米取材、計6か国に行く。今はその下調べをしているところ。
きのうパナマのホテル事情をネットで調査していた。その中に現米国大統領の会社が建てたトランプ・ホテルがあることがわかった。中に入ったことも近くに行ったこともないが、実に趣味の悪い奇抜な建物だ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Trump_Ocean_Club_International_Hotel_and_Tower

私が初めてパナマに行った2004年はあまり気にとめなかった。しかしその後は建設ラッシュがあり、今や香港やドバイを彷彿させるような高層ビル群が新市街に広がる。下記の写真は2015年に取材した時のもの。

DSC_0450.JPG

ある海外雑誌の翻訳記事で読んだことがあるが、ビルテナントの空室率が高いそうだ。要は計画なく建て過ぎて飽和状態になっているとのこと。さらにここには麻薬資金をマネーロンダリングするために建てたビルがあるとも言われる。
今回の取材の必須事項ではないが、いろいろ現地の人に聞いてみよう。
posted by sakaguchitoru at 15:41| Comment(0) | パナマ

2017年04月11日

映画『オリーブの樹は呼んでいる』

スペイン映画の試写会に行った。この作品は少なくとも、日本では無名の出演者とスタッフ。
ペドロ・アルモドバル監督の作品でもなければ、著名女優ペネロペ・クルスも出てこない。
スペインは世界的なオリーブの一大産地だが、必ずしもオリーブ農家が潤っているわけではない。そして、樹齢1000年以上の大木が引き抜かれて、売買されているという事実。
そんな現状を物語にして、映画化した本作品は見応えがある。
詳しくは映画公式サイトにて参照し、ぜひとも劇場で観てほしい。

171466_01.jpg
映画公式サイト
http://olive-tree-jp.com/
posted by sakaguchitoru at 16:25| Comment(0) | スペイン