2017年09月27日

ティピコ・チェ・グリス(ニカラグア料理)

ひと言で表すと、中米の代表的な食材を一皿に盛り付けた料理である。焼いた豚肉、チチャロン(豚皮を揚げたもの)、腸詰、揚げバナナ、サラダ、そしてガジョ・ピント(豆ご飯)などなど。
DSC_0739.JPG

食べた場所はマサヤという町の民芸品市場内にあるレストランで、毎週木曜の夜に民俗舞踊が上演される。舞踊上演を楽しみながら、料理を堪能した。
DSC_0815.JPG
posted by sakaguchitoru at 00:00| Comment(0) | ニカラグア

2017年08月06日

ビゴロン(ニカラグア料理)

ニカラグアの古都グラナダにて。カテドラルが正面に建つ中央公園の簡易食堂で、昼食時に薦められて食べた。

DSC_0866.JPG
皿の上にバナナの葉が敷かれ、豚皮を揚げたチチャロンに、ユカイモと酢漬けされたサラダが添えられる。

posted by sakaguchitoru at 18:03| Comment(0) | ニカラグア

2017年08月05日

ソパ・デ・モンドンゴ(ニカラグア料理)

ニカラグアで食べた牛モツのスープ。

DSC_0111.JPG
ソパ・デ・モンドンゴ。土曜の昼に民家のような簡易食堂で特別メニューであったので注文。牛モツに根菜類が入ったスープだ。
ちなみにメキシコにはメヌードというモツのスープがあり、一般的には週末限定で作って出す。メキシコ人に言わせると、平日の胃腸の疲れをとるためにメヌードを食べるそうだ。
posted by sakaguchitoru at 00:00| Comment(0) | ニカラグア