2018年07月19日

本格的なミナス料理を食べる

M001.JPG
古都オウロ・プレットの市街には、ミナス・ジェライス州の郷土料理が味わえるレストランが集まる。昼食時にはビュッフェ式の店もあり、多種類のミナス料理を食べることができた。

M002.JPG
フランゴ・コン・キアボ
鶏肉とオクラを煮込んだ料理

M003.JPG
トゥトゥ・ア・ミネイラ
豆をペースト状にしたもので、ゆで卵や青菜を混ぜる

M004.JPG
カンジキーニャ・コン・コスティーニャ
骨付き豚肉をレモンや多様な香辛料で煮込んだ料理

M005.JPG
フェイジョン・トロペイロ
豆と角切りのベーコンを煮て卵をからめたもの
posted by sakaguchitoru at 06:46| Comment(0) | ブラジル

2018年07月18日

ベロ・オリゾンチの中央市場

B1.JPG
当初は予定になかったが、ミナス・ジェライス州の中心都市ベロ・オリゾンチに1日滞在することにした。明日はここからバスで2時間ほどの、歴史的な街並みが残る古都オウロ・プレットへ行くのだが、リオやサン・パウロからオウロ・プレットへのバス本数が少ないので、交通の便を考慮して州都ベロ・オリゾンチに。この都市はバスの乗り換えで利用しただけで、街巡りをしたことがない。市街地図をもらいに観光案内所へ行くと、窓口の人に中央市場が面白いと教えてくれた。

B2.JPG
並んでいる果物の種類が豊富

B3.JPG
香辛料が量り売りされている

B4.JPG
肉が部位ごとに売られていて

B5.JPG
敷地内にある食堂で食べたコステーラ・ヂ・ポルコ
骨付きの豚肉を煮込んだもので、豆やユカイモ、白米が添えられている

B6.JPG
おもちゃ売り場で1950年代のシボレーのミニカーを見つけて買った
キューバの街中でよく走っている車なので
posted by sakaguchitoru at 04:41| Comment(0) | ブラジル

2018年07月17日

アマゾン河口のベレンに伝わる料理

リオ市内でタカカというスープを味わった。以前に来た時、在住の日本人に連れていってもらったのでネットでそれらしき店を調べたところ、フラメンゴ地区にタカカがある店を見つけた。

DSC_0369.JPG
タカカはブラジル北部、アマゾン川の河口にあるパラー州のベレンに伝わるスープだ。トゥクピという毒入りのマンジョッカ(ユカイモ)を解毒したスープに、川エビ、ジャンブーという野菜を加えて煮込んで、タピオカでとろみをつけたアマゾンの料理。舌が痺れるような酸っぱ辛いジャンブーの味、タピオカのどろっとした感覚は独特だ。

DSC_0373.JPG
さらにカスキーニャ・ヂ・カランゲイジョという、川カニと野菜を煮てマンジョッカの粉を添えた料理

DSC_0381.JPG
そしてデザートは滋養強壮に効くというアサイーのシェイクにタピオカをかけたものを食べる
posted by sakaguchitoru at 07:15| Comment(0) | ブラジル