2018年07月09日

ペルー高地の料理

アレキパ、コルカ渓谷の村で食べた料理あれこれ。標高2500メートル以上の所では、その土地ならではの郷土料理が食べられる。

クイ.JPG
●クイ・チャクタオ
テンジクネズミを焼いた料理。モルモットの一種で現地でクイと呼ばれ、先住民に飼われている

アルパカ.JPG
●カルネ・デ・アルパカ
一般的には毛を利用するアルパカも、食用とされている。牛肉と比べてやや硬い

ロコト.JPG
●ロコト・レジェーノ
大きめなトウガラシに挽肉などを詰めて焼いたもの。ロコトは生で食べるとかなり辛い

カマロン.JPG
●チュペ・デ・カマロン
川で採れるエビを使ったスープ。深底の皿にジャガイモ、米、キヌアなども入っている

キヌア.JPG
●キヌア
最近では日本でも入手できる雑穀のキヌア。肉料理などに添えて食べる

コカ茶.JPG
●コカ茶
高地の先住民が古来から利用してきたコカの葉をお湯に入れて飲む。高山病に効果がある
posted by sakaguchitoru at 09:16| Comment(0) | ペルー