2017年01月04日

ペリト・モレノ氷河(下)

 ペリト・モレノ氷河をはじめとした巨大な氷河は、アルゼンチンのロス・グラシアレス国立公園に点在している。グラシアレスとはスペイン語で氷河を意味し、チリ国境に近いアンデスの山麓に広がっている。
 アルゼンチンのサンタ・クルス州にあるエル・カラファテは、氷河観光の拠点となる小さな町だ。通常はここから日帰りツアーで氷河を観光するのが一般的。ペリト・モレノ氷河はエル・カラファテからツアーバスに乗って1時間半ほどで行ける。またその周囲をミニトレッキングで巡るツアー、氷河の上を歩くツアーもあり、いろいろな角度から氷河を眺められる。
 私はこれまで3回、ペリト・モレノ氷河に行ったことがある。初めて行った時は初冬の4月で、吹雪に見舞われた。その数日後にも再び訪れたが、分厚い雲に覆われて薄暗く、あまり良い写真は撮れなかった。その年の12月に渡航した3回目は晴天に恵まれ、青々とした美しい氷河を撮影することができた。
 ロス・グラシアレス国立公園にはほかにも、アルヘンティーノ湖を遊覧船で北上してウプサラ氷河、スペガティーニ氷河などを巡るツアーがある。できれば3日くらいエル・カラファテに滞在して、いろいろな氷河を観光するといいだろう。

ペリト・モレノ.jpg
posted by sakaguchitoru at 10:25| Comment(0) | アルゼンチン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: