2018年05月11日

ユカタン半島(中)

 私はカンクンからシアン・カアン自然保護区へ向かった。計7人参加のツアーで,ミニバスに乗ってカンクンから南方面へ3時間ほど幹線道路を走る。そしてトゥルムの町から未舗装に外れ,自然保護区に入った。
 このシアン・カアン自然保護区は密林地帯や沼地のある陸の部分と,サンゴ礁の広がる海洋部分が保護区になっており,1987年にユネスコの世界自然遺産に登録されている。
 ツアーでは沼へ行き,カヌーを漕いで野鳥を探す。淡水と海水が混じり合っていて,マングローブが生い茂るこの沼では,ペリカンやグンカンドリが遠方に確認できた。
 カヌーを降りたあと,密林を反対側に歩いてビーチに抜ける。そこは青々とした海原が広がるカリブ海。この海岸近くにはなさそうだが,沖合にはサンゴ礁が広がっているように見える。上空をアジサシが飛び交い,大きなペリカンも時おり優雅に舞っている。
 ツアーの参加者は日帰りでカンクンに戻ったが,私だけトゥルムの町に宿泊。そして翌日の夜明け前,1人で密林の中を歩くことにした。動物展望台がある場所で,野鳥を観察する。写真はうまく撮れなかったが,密林を飛び交うコンゴウインコやアメリカムシクイなどが見られた。

13.JPG
posted by sakaguchitoru at 00:00| Comment(0) | メキシコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: