2017年05月19日

パナマ運河

パナマ運河の太平洋側にあるミラフローレス閘門(こうもん)を見学した。ここに来たのは4回目。前回2015年に取材した際、夕方に来て逆行だったので、撮影するには午前中が良いと思って朝10時頃から見学。
ここは閘門式の運河で、水位を上昇させて船を通す。大型船が巨大な閘室に入ると、地下の水路を通じて水を送り込み、次の閘室と同じ水位になると閘室の扉が開く。これを3回繰り返すことによって、海抜26mのガトゥン湖に上がれる。そして対岸にあるガトゥン閘門で、同じように水位を下げて通過して、大西洋側に抜けられるというわけだ。
大型船は自力で閘門を通れないから、機関車で牽引する。川崎重工をはじめとした日本製の機関車が使用されている。
DSC_0018.JPG
DSC_0032.JPG
DSC_0040.JPG
DSC_0052.JPG
DSC_0064.JPG
posted by sakaguchitoru at 10:47| Comment(0) | パナマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: