2017年05月20日

旧市街を散策

パナマ旧市街のカスコ・ビエホ地区を取材した。中心部の独立広場に面して、ホテル・セントラルが建っている。このホテルは20世紀初頭に創業したが、長年廃墟になっていた。建て直したホテルが2016年に再開業したので、取材してみた。屋上には小さなプールがあり、そこから旧市街が見下ろせて、遠方に新市街の高層ビル群が眺められる。
DSC_0127.JPG

以前、2004年に取材した際、旧市街は治安があまり良くなかった。ごく限られた区域で観光できたが、安心して泊まれるホテルはなく、飲食店も限られていた。2010年以降に治安が良くなり、現在はホテルや飲食店が増えて、夜でも問題なく歩くことができる。
DSC_0153.JPG

旧市街の小さな広場で、民俗舞踊を上演していた。近くで待機していた吹奏楽団の学童たちに尋ねてみると「これは西部の踊りだったかな」と。彼らもよくわかっていないらしい。詳しいことは後で調べることにしよう。
DSC_0137.JPG
posted by sakaguchitoru at 09:33| Comment(0) | パナマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: