2017年06月09日

飛行機遅延10時間

メキシコから成田に飛ぶ飛行機は、予定時刻深夜1:50発だった。しかし時間近くになっても、場内アナウンスがない。搭乗口に尋ねに行ったところ、日本人の機内通訳の女性がこっそり話してくれた。
「実は飛行予定の機材が地上車両と接触事故を起こして、交換作業をしているのです」
現地の航空会社だから、いくらでも代替機材はあるだろうから、1〜2時間もすれば準備できるだろうと高を括っていた。そうしたら30分ほどしてスペイン語でアナウンスが流れる。
「機材トラブルのため出発時刻は11:30に変更します。預け荷物の引き取りを希望の方は、ゲートを出て受付カウンターまでお越しください」
深夜で眠くてしょうがない。私はそのままタクシーで市街に出て、安ホテルに飛び込んだ。そして3時前から9時まで、6時間くらいベッドで寝ることができた。

P1030844.JPG
経費の出る取材だからホテルに泊まったが、自費取材だったらそのまま空港で一夜明かしていたかもしれない。再び空港へ行き、搭乗口に行く。実際に飛び立ったのは12:00近くだった。こうして約10時間の遅延で、無事帰国することができた。
posted by sakaguchitoru at 22:24| Comment(0) | メキシコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: