2018年07月14日

サンバのライブへ

リオ・デ・ジャネイロに到着。ブラジリアに遷都する前まで首都だったから、今でも文化発信都市として機能している。グローリア地区のホテルに泊まっていて、そこから歩いて15分ほどのラパ地区へ。以前2003年に初めて私がブラジルを取材した時、ラパ地区は路上生活者があふれていて、昼間でも近寄りにくい所だった。それが治安浄化されて、2007年に行った時は夜に若者が集う繁華街となっていた。今晩行ってみたが、さらに賑わっている。

P1040593.JPG
レストランでサンバの演奏を聴く
ラパ地区で名門ライブハウスへ行こうとしたが、結局この店で食事をして、そのまま演奏を11時過ぎまで聴いた。深夜3時頃まで演奏しているらしい。この楽団はパゴーヂのカバー曲が中心。私が知っている曲もあったし、ほとんどの曲のサビ部分は聴衆客が歌っていたので、オリジナル曲はなかったと思う。ちなみにパゴーヂとは、ひと言で表現すると「歌謡サンバ」といった感じで、メロディーや歌を重視したサンバである。

P1040598.JPG
ラパ地区を象徴する水道橋跡
私が15年前に来た時は廃れていたが、今や若者向けの繁華街として賑わい、夜は露店もたくさん並んでいる。

posted by sakaguchitoru at 12:23| Comment(0) | ブラジル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: