2018年07月21日

最初に州都が置かれたマリアーナ

ma1.JPG
オウロ・プレートからバスで約30分ほどの所にマリアーナという小都市がある。ミナス・ジェライス州で初めて置かれた州都だった。やはりここも17〜18世紀に金鉱で栄えた植民都市で、小さいながらも歴史地区が残り、バロック様式の教会が建っている。

ma2.JPG
峡谷にあるので市街は坂道が多い

ma3.JPG
展望台から歴史地区を一望する
逆光なので写りはあまり良くないが
posted by sakaguchitoru at 04:18| Comment(0) | ブラジル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: