2018年07月20日

古都オウロ・プレートの街並み

O1.JPG
オウロ・プレートは17世紀後半に金脈が見つかり、金の採掘で栄えた古都。ベロ・オリゾンチに移されるまで州都として栄えた。ほとんど平らな所がない峡谷に、歴史的な街並みが残されている。金銀の採掘で栄えた峡谷の古都という点で、メキシコのタスコやグアナファトと似ていると感じた。

O2.JPG
中心部のチラデンチス広場に面して州庁舎跡が建つ

O3.JPG
サン・フランシスコ・ヂ・アシス教会
バロック様式の建築物で、旧宗主国ポルトガル各地で見られる教会に似ている

O4.JPG
ピラール教会の内部は金や銀で装飾が施されている

O5.JPG
市街は敷石の坂道が続く。急な所では傾斜45度以上ある道も伸びている
posted by sakaguchitoru at 06:06| Comment(0) | ブラジル

2018年07月19日

本格的なミナス料理を食べる

M001.JPG
古都オウロ・プレートの市街には、ミナス・ジェライス州の郷土料理が味わえるレストランが集まる。昼食時にはビュッフェ式の店もあり、多種類のミナス料理を食べることができた。

M002.JPG
フランゴ・コン・キアボ
鶏肉とオクラを煮込んだ料理

M003.JPG
トゥトゥ・ア・ミネイラ
豆をペースト状にしたもので、ゆで卵や青菜を混ぜる

M004.JPG
カンジキーニャ・コン・コスティーニャ
骨付き豚肉をレモンや多様な香辛料で煮込んだ料理

M005.JPG
フェイジョン・トロペイロ
豆と角切りのベーコンを煮て卵をからめたもの
posted by sakaguchitoru at 06:46| Comment(1) | ブラジル

2018年07月18日

ベロ・オリゾンチの中央市場

B1.JPG
当初は予定になかったが、ミナス・ジェライス州の中心都市ベロ・オリゾンチに1日滞在することにした。明日はここからバスで2時間ほどの、歴史的な街並みが残る古都オウロ・プレートへ行くのだが、リオやサン・パウロからオウロ・プレートへのバス本数が少ないので、交通の便を考慮して州都ベロ・オリゾンチに。この都市はバスの乗り換えで利用しただけで、街巡りをしたことがない。市街地図をもらいに観光案内所へ行くと、窓口の人に中央市場が面白いと教えてくれた。

B2.JPG
並んでいる果物の種類が豊富

B3.JPG
香辛料が量り売りされている

B4.JPG
肉が部位ごとに売られていて

B5.JPG
敷地内にある食堂で食べたコステーラ・ヂ・ポルコ
骨付きの豚肉を煮込んだもので、豆やユカイモ、白米が添えられている

B6.JPG
おもちゃ売り場で1950年代のシボレーのミニカーを見つけて買った
キューバの街中でよく走っている車なので
posted by sakaguchitoru at 04:41| Comment(0) | ブラジル